レズ小説、野外露出

全裸プライベート流出!?



曾々紀 いとは(そそぎ いとは)





−−−−−−−−−−−−−−−−−−





『ふぅ・・・。』

取材を終えたわたしは、乱暴に衣服を脱ぎ捨てて素っ裸のままベッドに倒れこむ。普段はたまの休みも学校があったりして、本当に休める日がほとんど無かった。 でも今日はいつぶりかの丸1日お休み。両手を上げて喜びの声をあげたいけど、そんなことが出来る元気も無く ただただ横になってゴロゴロ。

目の前には雑誌とか取材機器とか脱ぎ捨てられた着替え・・・あとティッシュがところどころに丸められて点在 している。

普段のキャラクターイメージとは違う惨状を、ファンの子達にでも知られたら幻滅されるだろうなぁ。

『あ、そうだ・・・。』

撮り貯めていた写真や動画を見直すために、まるでナメクジのように這いながら仕事用のバッグのところへ 向かう。ほんと最低な姿だなわたし・・・。

『あぁ、この動画あげとかなくちゃ。あと他の動画サイトでもチャンネル作る約束してたっけ。』

休みといいながら結局色々考えてしまう。ノートパソコンにデジカメを繋げてデータ整理とアカウント作成の 準備。

『ん?』

ひとつのファイルに目が行く。それは、綺麗な青い砂浜のど真ん中で素っ裸になっているわたしの最低な 姿の動画。タイマー式で撮ろうとも思っていたけど、動画にして気に入ったフレームを引っ張り出すつもりで 録ったんだっけ。

わたしは気分転換にとそのデータをテレビに繋げてみる。

再生・・・

自分で服を脱いでおきながら、顔を真っ赤にして周囲を不安そうにキョロキョロしているバカ女。 興奮して太ももからキラキラした愛液が垂れ落ちてきている。

『これ、ネットにあげたらどうなるのかな・・・?』

途端に体が熱くなり、呼吸が荒くなってきた。自分が公共の場で大きい乳首を晒しながら全裸露出 している姿を見て興奮しているなんて誰にも見せられない。

あ、ここでマネージャーに声かけられてあわてて服を着たんだっけ。我ながら間抜けな子だよね。

『ふぅ、ふぅ・・・。』

たまらなくなったわたしは、ティッシュケースを手繰り寄せながら、ぷっくりと固くなった乳首をこりこりと つまみながら鑑賞を続けた。





↑ケツ毛バージョンは画像をクリック☆

----------------

今日はファッションモデルの撮影。既に深夜の0時。日中に学業もこなしていたわたしは、いつものように グロッキー状態。

・・・最近全然疲れが取れない。

先日の1日休みでも疲労が抜けず、最悪な気分。

作り笑顔でホッペもカチカチ。スキンケアもしっかりしろとマネージャーに言われているけど、もう玄関を 開けた瞬間電源が切れるわたしには到底無理。

いつものようにナメクジ運動。ゴムがゆるゆるのパンツから半分お尻の割れ目をはみ出させながら、 スマホの動画サイトを開く。

『ん?』

今日の再生1位動画。流出がどうこうとタイトル表記されている。又スキャンダルかな? わたしも気をつけなきゃいけないんだろうけど、どうしても他人事のように見てしまう。

・・・が、どうもおかしい。その動画のサムネイル画像に既視感が。

『へ・・・?』

再生したとたん呆然とした。わたしの部屋と見比べる。

・・・まったく同じ。

全身から鳥肌が立ち、大汗が溢れてきた。

それだけでなく、目の前にはすっぽんぽんでみっともなく横たわってテレビを観ている わたしの姿があった。

『うそ、ま、待って・・・。』



↑ケツ毛バージョンは画像をクリック☆

そうだ!パソコンでアカウント作った時に録画テストをしようとしてからテレビに意識が行ったんだった。 っていうことは、録画と生配信を間違えたのかも・・・!

そんなことは露知らず、動画越しのバカ女は時折お尻をポリポリ、かいた部分がうっすらと桃色がかってくる。 尻をかくたびに割れ目の間から見えてはいけないものが・・・。

『やだっ!やめてやめてっ!!!』

配信用の機材のせいで画質が異様に良いため、明らかな”すぼまり”が誤魔化しようも無く見え隠れ。

流れるコメントには目を覆いたくなる文字が大量に流れてくる。

ほぼ全てがわたしの「裸」に関するレスポンスで、なかでもお尻を下品に掻いている姿や、 お尻の毛を直接的に指摘しているものが目に付く。

しかもお尻をかきながらすっぽんぽんでAVを観ていると思われていて、これじゃああからさまな変態女。

 あまりの罵りに涙が溢れてきて、ただただ小声で狼狽するわたし。

 生き恥のような光景をわなわなと、コメントも動画も消すことが出来ずに食い入るように観続けてしまう。 中でも、ひとつの辛辣なコメントに目が留まった。

『く、臭そう・・・?』

 ひどい!こんなこと言われたの生まれて初めて!目の前のクッションに口元をうずめる。 確かにお尻に毛があるとどんなに洗っても不潔感があるのは動画内のわたしが示している。

でも、わたしが一番気にしてるのに・・・。

わたしが一番見せてはいけない姿をこんな大勢に公開して、しかもその姿の論評まで・・・!

 口元を歪ませて、頬に涙を伝わせるも、無意識のうちに自分の胸と股間をぐいぐい揉みしだいていた。

乳首や割れ目からの刺激がいつものオナニー以上に強い。

『やだっ!やだやだやだっ!!気持ちい!きもちいよぉおおおっ!!』

 涙やよだれでびしょびしょの情けない顔で、意味不明な言葉を発しながら わたしはその場で今までに感じた事の無い絶頂をし、全裸のままその場で横たわった。

-----------------------

『ん・・・』

目覚ましアラームで目が覚める。 全裸でカーペットに横たわっているわたし。オナニーしたあと、その場で寝込んでしまったようだ。

窓を開けて深呼吸と大きな伸び。

なんだろう。すごく気分がいい!まるで初めて脱皮したチョウチョみたいに全ての穢れが流された気持ちだった。

スマホに目を向けると、リピート再生のせいかバッテリー切れ。

充電器に挿して電源をつけると、マネージャーからのメッセージが10件近く入っていた。

『やっばっ!遅刻しちゃう!!』

手近の服を引っ張り出して時間を見る。どうやっても初めての遅刻・・・。

ちなみに、あの晒された動画に関しては、わたしに似ているというコメントもあったものの、顔が偶然切れていたので 結果的には「身元不明の素人女性」が結論になっていたようだ。

わたしはあの動画のアドレスをお気に入りに入れると、軽いステップを踏みながら玄関を開けた。




*次回作はこのキャラで行く予定。前回作成したネット配信で恥ずかしい姿をさらす系になりまする。(2017/09/22現在
ケツ毛自体はどうでもいいっちゃいいんですが、やっぱりキャラクターごとに特徴やコンプレックスが有ったほうが恥ずかしさも
あるし作ってて楽しい。




トップ